日本ボーイスカウト茨城県連盟
 Top   最新情報   県連情報   ボーイスカウト案内   ハウディスカウト   リーダーズクラブ   資料センター   その他
県連情報
 県連情報TOPへ  イベント・派遣情報  70周年記念YEAR

70周年記念「B-Pのココロに触れる」Project

 ▶県連70周年について  ▶70周年YEARプログラム
 ◦団紹介プログラム  ◦リレーソングプロジェクト  ◦アケーラの森植樹  ◦IB-GP2021  ◦県連の歌プロジェクト  ◦B-Pのココロに触れる旅  ◦自然体験活動  ◦BS作文コンテスト  ◦BS紹介PV  ◦70周年記念表彰  ▶70周年記念式典  ▶70周年記録写真  茨城県連の歩み プロジェクトメンバー募集

準備が整い次第、掲載します。

ⓐこのプロジェクトについて

  • 現在、コロナ感染症のために海外渡航が大幅に制限されています。
  • そのため、このプロジェクトの実施はいつになるのかわかりません。
  • しかし、渡航ができる日のために、ボーイスカウトの発祥の地「イギリス」のB-Pゆかりの地について調べ、準備をしていこうと思います。

 

ⓑプロジェクト概要

  • イギリスのギルウェルパーク、BPハウス、ブラウンシー島、クリスタルパレス?等
  • B-Pにまつわる地を訪問をし、スカウティングの原点を見つめる。そして世界的な広がりを感じ、茨城県連の今を見つめ、明日からの着実な発展を考える機会とする。
  • 事前準備として、参加者でチームを作り、現地の様子、交通手段、宿舎の等の調査・研究をし、実施のための手続き(県連の承認、交通の手配、宿舎の確保等)を自ら行う。
  • そして機会が訪れたら、現地の赴く。

 

ⓒプロジェクトへの取り組み(例)

(本年度の取り組み)

  • 訪問の目的、訪問地の選定、訪問時期・方法の選択、参加者募集、参加費に積み立てなどの企画、実施案策定。
  • 単なる現地訪問だけでなく、B-Pとボーイスカウトの歴史・取り組み、ココロなどを知る研究(勉強会)も。
  • 参加者は、別途、現地で行う個人プロジェクトを企画し取り組む。チームリーダー等はその支援を行う。
  • ギルウェルパークでの野営やB-Pハウスでの宿泊等、特にこのプロジェクトでなければ体験できないことも。

 

ⓓプロジェクト提出物

  • プロジェクト実行プラン、実施報告書。

 

ⓔプロジェクトの発展

  • 予め設定されたプランに乗る県連主導型の海外派遣ではなく、自ら作り出す型の海外派遣の足掛かりとなる。

 

ⓕプロジェクトのポイント・注意点・問題点

  • コロナを考慮し、時期を選んで(70周年イヤーでなくても)、質素に実行。少人数でも実施する