日本ボーイスカウト茨城県連盟
 Top   最新情報   県連情報   ボーイスカウト案内   ハウディスカウト   リーダーズクラブ   資料センター   その他
県連情報
 県連情報TOPへ  イベント・派遣情報  70周年記念YEAR

団“Dream come true”プログラム(全団が参加)

 ▶県連70周年について
 ▶70周年YEARプログラム  ◦団紹介プログラム  ◦リレーソングプロジェクト  ◦アケーラの森植樹  ◦IB-GP2021  ◦県連の歌プロジェクト  ◦B-Pのココロに触れる旅  ◦自然体験活動  ◦BS作文コンテスト  ◦BS紹介PV  ◦70周年記念表彰  ▶70周年記念式典  ▶70周年記録写真  茨城県連の歩み 用紙等のダウンロード

提出先

70周年委員会

 →(70my@scout-ib.net)

件名は

 →「記念誌原稿送付(団名)」
でお願いします。

ⓐプロジェクト・スケジュール

  • 提出票、原稿用紙の送付 2021年1月末
  • プロジェクト開始 2021年2月
  • プロジェクト終了(機関誌) 2021年7月末(提出日)
  • プロジェクト終了(募集のための団PV) 2021年9月末(提出日)
  •  

ⓑプロジェクトへの概要

 ○団の「昔」と「今」と「未来」をつなぐ。

   〜団全員で「団のいいところ見つめよう」「団の将来(夢)を描こう」

    そして、Dream come true、夢を叶えよう、実現しよう〜

  • 「未来を見つめる団集会」(団・隊指導者もRS、VS、育成会員等)で過去、そして現在の反省・評価等を議論し、団や隊のより良き未来(「こんな団にしたい」という夢)を描きます。そして、それを具体的な目標として表た実行案をつくり、具体的に達成すべく団を挙げて実行に移します。
  • 過去の栄光だけではありません。衰退の経緯でもありません。「過去」「今」のいいところを見つめてみよう、団のカラーを確認しよう → そして、未来を見つめよう・・・・です。
  • 過去からの良き伝統を見返しましょう。←団のOLD SCOUTとスカウトが一緒になって作るってもいいですね。

  ➡取り組む内容は3つあります

  • 1つⓐは、70周年記念誌に掲載する、団の自慢・誉れ・誇りを表した、面白真面目で楽しい「団紹介(団の歴史、今、そして目指す姿=夢)」を作ります。
  • 2つ目ⓑは、スカウト募集のための団のPV(プロモーションビデオ)を作ります。
  • 3つ目ⓒ、これが一番重要ですが、団で決めた夢を実現するための実行案に具体的に取り組むことです。

 

ⓒプロジェクトへの取り組み(例)

  • 4月のプロジェクト開始に向けて、団会議・団委員会にて企画会議を行います。(過去の活動資料を持ち寄る)
  • 団内の全て?のスカウト・指導者からなる「未来を見つめる団集会」(仮称)を開催し、団の良いところ、良くないところ等を確認し、団のメンバーが求める「これからの団の姿(夢)」を話し合います。(※「夢」については、②の70周年植樹にも関係します。)
  • その議論を元に、その夢を実現すべくプロジェクトチーム(指導者+ベンチャー・ローバー)を編成して、実行内容を詰めていきます。(実行案は、短期、中期、長期に亘るものになるでしょう)
  • →団のベンチャーやローバーをこのプロジェクトチームのメンバーとする理由は、そもそもスカウティングはスカウトたち青少年のためのものであって、団や隊の活動にはスカウト達の意見や希望、要望がそこに反映されていなければなりません。また、団を運営していくことは成人指導者(隊指導者や団指導者)たちの役目です。プロジェクトチームは、「求める団の姿」を具現化していくことがミッションとなりますが、そこにはボーイスカウトの基本理念(教育の目的、基本方針)が明確に表れていることが大切です。スカウトが求める活動、そしてそれを支援する指導者、その両者が関わってプロジェクトチームが作られることがこのプロジェクトのポイントとなります。
  • 提示された実行案を団(団委員会+団会議)で承認し、団全体で実行していきます。
  • ここで話し合われた内容ⓐⓑを基に、70周年誌に掲載する「団紹介」の原稿やPVを作ります。

 【プロジェクトのまとめ方】

  • 団紹介原稿(必ず)は、別紙レイアウト見本(○ 団紹介原稿の作り方.pdf)により、ページ数(2,4,6ページのいずれか)を決定し、各隊で分担して作成します。作成ポイントは、団の自慢・誉れ・誇りを表した、面白真面目で楽しい「団紹介(団の歴史、今、そして目指す姿)」。それをプロジェクト・チームでまとめ、仕上げます。
  • スカウト募集のための団PV(任意)は、団内に製作委員会のようなチームを設けて企画案を作成し、団(団委員会+団会議)で承認を得て、作成します。内容に指定はありません。団の募集説明会に上映するものを作成ください。
  • →時間は、TVCM(タイムCM)と同じ30秒です。伝えたいことを厳選して30秒に納めてください。
  • →撮影機材等は、各団でご用意ください。撮影はスマホで、編集もスマホやPCで可能です。
  • →タイトルやテロップ、BGM(著作権に注意)なども入れましょう。

 

ⓓプロジェクト作成物と提出物

  「記念誌原稿」と「スカウト募集のための団PV」の2つ

  ・「団紹介原稿」(必須)→文章は「WORD」で提出してください。所定の原稿用ファイル

   を用いて、指定の行数以内で原稿をまとめます。写真はデジカメデータはそのままで、

   昔の写真をスキャンする場合は、解像度を300〜350dpiにしてスキャンしてください。

   →原稿はメール添付で、70周年委員会(70my@scout-ib.net)宛てに、7月末日までに提

    出します。

  ・「スカウト募集のための団PV」(任意)→SDカードかDVDで提出してください。

   動画の記録方式は、MP4。解像度:フルHD(1080p)、フレームレート:30fps、

   アスペクト比:16:9、時間は30秒以内とします。

  →原稿はメール添付で、PVは郵送or持参で、70周年委員会(70my@scout-ib.net)宛てに

   9月末日までに提出ください。

 

ⓔプロジェクトの発展

・団紹介が納められた記念誌は、Blue-ray Disk(=BD)で作られ、各団等に配付されます。団の「団紹介」を募集等の資料として使うときは、BD内のPDFを利用してください。

・団PVも記念誌に掲載します(コピーできない処理をかけます)。 募集等の資料として使うと

 きは、団で作成したものを利用ください。

 

ⓕプロジェクトのポイント・注意点・問題点

・ポイントは2つです。

  →1つ目は、団員により「団の将来の姿の夢を描き」その夢を現実のものとするために

   動き出すこと。

  →2つ目は、団のいいところの再確認です。

 それによって、団の意識を集約し、団の継続と団員数の増大に繋げていくことを期待します。

※ 氏名や写真の提供に当たっては、事前に当人や保護者、故人に当たってはご家族に、同意の得なければなりません(できるだけ文書で)。→掲載媒体(「70周年記念誌」と「団紹介ビデオ」)、配付範囲(県連で作成したBDにより県連内各団に)など。