日本ボーイスカウト茨城県連盟
 Top   最新情報   県連情報   ボーイスカウト案内   ハウディスカウト   リーダーズクラブ   資料センター   その他
県連情報
 県連情報TOPへ  イベント・派遣情報  70周年記念YEAR

リレーソング・プロジェクト(原則として全団が参加)

 ▶県連70周年について
 ▶70周年YEARプログラム  ◦団紹介プログラム  ◦リレーソングプロジェクト  ◦アケーラの森植樹  ◦IB-GP2021  ◦県連の歌プロジェクト  ◦B-Pのココロに触れる旅  ◦自然体験活動  ◦BS作文コンテスト  ◦BS紹介PV  ◦70周年記念表彰  ▶70周年記念式典  ▶70周年記録写真  茨城県連の歩み

データ提出先

●70周年委員会(R-Song)宛

 ボーイスカウト茨城県連盟内

 水戸市緑町1-1-18

  茨城県青少年会館3F

●Eメール

  70my@scout-ib.net

ⓐプロジェクト・スケジュール

  • 参加者募集   2021年4月〜
  • 音楽データの提供  2021年4月  (参加申し込みをした団宛てに)
  • 撮影したデータの提出  2021年8月末
  •  

ⓑプロジェクト概要

  • 「笑顔」で歌をつなぎます。僕たち(私たち)ボーイスカウトは「いつも元気」ですよ!! って。
  • テーマソングを隊や班・組で踊ったり歌っている動画を各団で撮り、それを70周年リレーソングチームに集めて1本のリレーソングビデオとして編集し、式典で発表します。
  • 作るリレーソングビデオは、次のⒶⒷの2つです。

 

ⓒプロジェクトへの取り組み(例)

 Ⓐダンスチーム

  (テーマソング→「にんげんっていいな」〈「まんが日本昔ばなし」より〉)

          参考→https://www.youtube.com/watch?v=RhNUyEabROE

  • 団隊において、参加チームを編成し、テーマソングに合わせて(制服で)笑顔で歌って踊っている動画を撮影します。
  • チームは、団・隊・班・組を基本単位としますが、団の都合で任意(混成)としてもかまいません。
  • チームは、スカウト、スカウト+指導者、指導者のいずれかで、いずれも5〜20人程度のチームを1〜2つ作ります。スカウトが多い団は、〜5チームも可。チームへの参加は任意とします)
  • チームは、曲のテンポに合わせたオリジナルの振り付けを考え、動きが揃うように頑張って練習します。
  • 撮影は、曲の開始から、最後まで全1曲通して行いますが、使用はその中の1-2小節となります。(参加チーム数による)
  • 撮影を行う場所は任意ですが、暗いところや、夏の炎天下等コントラストの強いところは避けてください。
  • 出来上がり作品では、音声は原曲のものを使用し、そこに歌って踊っている画像をはめこみます。そのため 編集作業に必要な歌っている音声も一緒に録画してください。
  • 撮影は三脚にビデオカメラ(若しくはスマホ)を固定して、画角(焦点距離)を一定にしてください(撮影中のズームやパンは使わない)。画角は基本的にフルショットで撮影してください(被写体の人物をしっかりと 見せるため)。
  • 撮影設定は1080p/30fps。記録方式はMP4かMOVに設定してください。(AVCHDはなるべく避ける)
  • ※団内で撮影できる人がいない場合には「リレーソングチーム」に撮影を依頼することもできます。
  •  

 Ⓑソングチーム

   (テーマソング→「みんながみんな英雄」)】

          参考→https://www.youtube.com/watch?v=y5XPsTIi1eA

  • 団隊において、参加チームを編成し、テーマソングに合わせて(制服で)笑顔で歌っている動画を撮影します。
  • チームは、団・隊・班・組のスカウト、スカウト+指導者、指導者のいずれかで、いずれも1人か、もしくは2〜5人程度のチームを1つ作ります(加盟員が多い団は、〜5チームも可。チームへの参加は任意とします)(勇気ある成人指導者はソロも可)。チームを編成したら、テーマソングを上手に歌えるようにしっかり練習します。
  • 撮影場所は問いません(キャンプ、ハイキング、集会など)。ただ騒音が多いところは避けてください。
  • 撮影は、曲の開始から、最後まで全1曲通して行います。ただ、使用はその中の1-2小節となります。
  • 作品では、カラオケ音源に乗せて、そこに実際に歌っている姿をはめ込み、歌声を被せて編集します。)
  • 撮影は三脚にビデオカメラ(若しくはスマホ)を固定して、画角(焦点距離)を一定にします(撮影中のズー ム・パンは使わない)。バストショットからフルショットで撮影します(被写体の人物の顔をしっかりと見せる)。
  • 撮影設定は1080p/30fps。記録方式はMP4かMOVで。(AVCHDはなるべく避ける)
  • また、団内で撮影できる人がいない場合には「リレーソングチーム」に撮影を依頼することもできます。

 

 【リレーソングチーム(70周年委員会内)】

  • いずれの作品も編集及びそして仕上げはリレーソングチームで行います。

 

ⓓプロジェクト提出物

  • 撮影した動画ファイル
  •  (記録媒体はSDカードかDVDディスクで。記録媒体は基本的に返還しません。)
  • 送付先は、県連事務局(左欄)宛てに。
  • また、ファイル転送サービスによるデータ提供も受け付けます。その場合は、「受け取り確認」機能をONにすると同時に、70周年実行委員会宛にEメールで
    • 「音楽データを○○(ファイル転送サービス名)で○月○日に送付しました。○○○○(氏名)」
  • の旨を記入して送付してください。

 

ⓔプロジェクトの発展

  • できあがった作品は、70周年記念式典で発表したり、記念誌に収録します。
  •  各団においてはスカウト募集に利用してもけっこうです。

 

ⓕプロジェクトのポイント・注意点・問題点

  • 動画への出演(顔を撮影する)に当たっては、未成年のスカウトは保護者の,成人スカウト・指導者は本人の承諾を得なければなりません(できる限り文書で)。その際には、掲載媒体、配付範囲なども提示する必要があります。