日本ボーイスカウト茨城県連盟
 Top   最新情報   県連情報   ボーイスカウト案内   ハウディスカウト   リーダーズクラブ   資料センター   その他
県連情報
 ごあいさつ  茨城県連盟について  コミッショナー便り  県連行事スケジュール

SAFE FROM HARM「危害から守る」

~思いやりを育むプログラム~

セーフ・フロム・ハームの考え方

 

 スカウト訓練情報

 ボーイスカウト運動は、「ちかい」と「おきて」の実践を基盤とした、青少年の成長を支援する教育プログラムで、家庭教育・学校教育と並ぶ地域教育として人間性を育てています。

 世界スカウト機構は、よりよい教育の提供と危害のないスカウト活動の環境を整えるために「セーフ・フロム・ハーム」を定めました。それにより、多くの国や地域の連盟では、その考え方を導入し推進しています。

 日本のスカウト運動においても、「ちかい」と「おきて」をもとに、思いやりの心を育む教育プログラムとして、「セーフ・フロム・ハーム」を導入することになりました。

「他の人への気づかい」ができ「思いやりの気持ち」を育む人づくりを目指していきます。

 まさに、それは「神へのつとめ」「他へのつとめ」「自分へのつとめ」ができるスカウトの育成につながります。

 

 

セーフ・フロム・ハーム(Safe from harm)は日本語で?

 あまり聞きなれないハーム(harm)。ハーム(harm)とは日本語で(精神的・肉体的・物質的な)害、傷害、危害。すなわち、Safe from harm = 危害から守るになります。

 このセーフ・フロム・ハームですが、スカウト活動において、自分自身と周りの人々を危害や危険から守ることを学ぶことが、セーフ・フロム・ハームです。
 様々な人を介しての危害や人への危害について、その予防と対処法を実践し、スカウトとして、また人として、してはいけないことを学び、スカウト活動での実践を学びます。それによって、「思いやりの心を育む教育」を展開します。

 

 

セーフ・フロム・ハームの目指すもの

 私たちは、セーフ・フロム・ハームの導入により、次の結果を目指します。

  1. ハーム(危害)のない活動環境を提供することで、スカウトの年代に適した安全で安心できる活動になります。
  2. スカウト活動の教育環境のレベルが向上し、危機管理や事故防止が的確に行えます。
  3. 指導者は、セーフ・フロム・ハームを学ぶことにより、スカウトや保護者からの信頼が向上するとともに、指導者自身の意識の向上が図れます。
  4. スカウト運動が、セーフ・フロム・ハームに取り組むことにより、地域社会からの信頼がさらに高まります。
  5. 「相談窓口」の設置により、コンプライアンスの向上とともに、活動事態の可視化に繋がります。

 そして、これを推進することにより「スカウト運動の質の向上」を目指します。

 

 良い方向にスカウトを導くためには、良い指導者が必要です。すなわち指導者の質は、スカウト質に繋がります。

 スカウト活動において、自分自身と周りの人々を危害や危険から守ることを学び、より安全で安心な活動環境く築き、維持することがセーフ夫ロムハームです。これにより、他の人々への「思いやりの心」をさらに育成、強化し、人格・品性を高めることは、スカウト運動の目的に合致します。