日本ボーイスカウト茨城県連盟
 Top   最新情報   県連情報   ボーイスカウト案内   ハウディスカウト   リーダーズクラブ   資料センター   その他
県連情報

 「外国語バッジ」の申請が簡略化

 

 

 平成28年1月1日より、外国語会話バッジの申請手続きが簡略化されました。

これ以降は、スカウト、指導者(団に登録がある者)の手続きは団内のみとなります。

 

 

●外国語会話バッジの概要

 

 本バッジは、自己が持つ外国語会話能力を使っての貢献の姿勢を示すために着用します。

 進歩制度や検定などの資格の有無に関わらず着用でき、進級章、進歩章、技能章としての扱い、又は連動する扱いはしません。また、行事・研修・派遣等参加資格の条件としての扱いはしません。

 

 対象言語は世界スカウト機構の公用語である英語とフランス語、および各種スカウト行事において使用されることが多いスペイン語、中国語(普通話)、韓国語とします。

 

 対象は、くまの課程のCS、BS、VS、RS及び同年代の指導者、成人加盟員です。一度認定を受けた者は自身で返納しない限りそのバッジを継続して着用することが出来ます。

 

 

●申請方法と交付申請について

 

(1)外国語会話バッジの着用を希望する方は教育規程に記載される項目の認定を受けてください。

 

  教育規程1-9-1国際活動(3)認定

   ア 申請する言語を使用して5分間程会話する。会話相手は自分で選ぶことが出来る。

   イ 2分間程度の日本語の文章(手紙、物語など400文字程度)を申請する言語に通訳する。

 

     ※認定者は、上記項目を確認できる者とし、加盟登録の有無は問われない。

     ※認定基準は現段階では特に設けていません。

      従いまして、通訳章技能章考査員による認定も可能です。

      認定者は対象となる外国語における流暢さ、積極的な態度、この言語を使用してどのような活

      躍を希望するかなどを確認してください。(文法の正確さや単語力は重視しないでも結構で

      す)。

      認定者は、推薦状に必要事項を記入し、申請者に渡してください。

 

(2)認定を受けた後、下記教育規程に記載される手順に従って申請を行います。

 

  教育規程1-9-1国際活動(4)交付申請

   認定を受けたスカウトおよび隊指導者は、所属する隊の隊長を通じて団委員長に申請する。

   団指導者は、団委員長に申請する。授与は所属団においてこれを行う。

 

    ※申請する者は、申請書を自ら記入し、推薦状を付けて、所属隊長に申請します。
     申請書を受け取った隊長は、「署名」をして、団委員会(団会議→団委員長)に申請します。

    ※認定者→(推薦状)→本人→(申請書+推薦状)→隊長→→団

 

(3)バッジは、団の代表者が県連盟事務局を通して購入し、団や隊の集会で授与してください。

2cm

2cm

2cm