日本ボーイスカウト茨城県連盟
 Top   最新情報   県連情報   ボーイスカウト案内   ハウディスカウト   リーダーズクラブ   資料センター   その他
県連情報
 ごあいさつ
 茨城県連盟について

平成28年度スカウト訓練情報

赤字は修正箇所です。

実施日

区 分

研修名称

実 施 場 所

時間等

 コミッショナー便り

2017/04/16

スカウト訓練

ベンチャー報告会

県青少年会館

14:00-16:00

 県連行事スケジュール

2017/05/21

スカウト訓練

ボーイスカウト救急法講習

未定

9:00〜17:00

 スカウト訓練情報

2017/06/24

スカウト訓練

ベンチャーのつどい

未定

〜6/25 1泊2日

 指導者研修情報

2017/09/18

スカウト訓練

スカウトの日・世界スカウト平和の日

各団エリア

 

 安全・危機管理

2017/11/23

スカウト訓練

ボーイスカウト救急法講習

未定

9:00〜17:00

 スカウティングFAQ

2017/11/04

スカウト訓練

GBのつどい

大和の森・高萩SF

〜11/5 1泊2日

 イベント・派遣情報

2018/

スカウト訓練

ベンチャーラリー

未定

 

 おしらせ、キャンペーン

△ 目次TOPに戻る

 スカウトの活動は、基本的に団(隊)で行われます。
 その中でも、多くの団に呼びかけて集合訓練としておこなった方がよいもの(スカウト救急法講習)や多くのスカウトが集まって、互いに刺激を試合ながら仲間作りをしながら、技能や知識を深めるもの(GBのつどい、ベンチャーのつどい、ベンチャーラリー)などは、県連が主催して行います。

 

 今年は、上記のものが予定されています。詳しくは、県連ホームページのトップページや印刷物として各団に配付されますが、主だったものを掲載します。

 

 

●ボーイスカウト救急法講習

 これは、ボーイスカウトの活動で必要となる「救急」技能を学ぶものです。

 「救急」技能は、各団等で消防署の基本救命講習や上級救命講習を受講することで、身につけることとしています。しかしながら、その訓練の範囲では収まらないケガ等が発生する可能性があることから、「ボーイスカウト救急法講習会」を設けて、必要な救急技能を修められるようなになっています。

 茨城県連盟では、上級救命講習を修了したスカウト(指導者)を対象に、プログラム委員会が実施しています。

 また、技能章「救急章」を修得するためにはこの「ボーイスカウト救急法講習会」の修了が必要です。

 隼、富士を目指すスカウト、いや、全てのスカウトはボーイスカウト救急法講習会を修了して、いざというときのために備えましょう。

 ※この講習会では、技能章考査・認定は行いません。

 

 

●GBのつどい(シルバー・アックス)

 これは平成25年(2013年)から、ボーイ隊のGB(グリーン・バー:上級班長、班長、次長)を対象に1泊の野営で行われています。この「GBのつどい」は、次の大きな3つの目的をもって実施されます。

  1. 各隊で行っているGB訓練を補完し、GB意識を高めること
  2. 参加したスカウトが自信をもって、班員に知識・技能を指導できること
  3. 班のビルドアップを体験により学ぶこと
  4. 他の団のGBと仲間になること

・・・・・です。

 そのために「シルバーアックス」という名称の「森の学校」に参加し、県内外のその道のエキスパートである指導者が、ホンモノの知識や技能を伝授してもらうのです。毎年10以上の専門教室が開設され、GBは自分が求める知識や技能が修得できます。また、GBがこの講師陣を見て・触れることによって、彼らの中に変化(スカウト精神を体得する。本物を知る。到達目標を見い出す。自信をもって行動できる。自信をもって教えることができる・・・等々)が生まれ、それが成長を促進するきっかけとなり、その後のスカウティングに大きく役立つことを期待しています。

 このシルバーアックスは専門教室だけではありません。GBたちが隊や班の活動の中で、このスカウト運動が求めている「リーダーシップ」を発揮する基盤となる特別なプログラムも用意されています。

 この「GBのつどい」には2級章以上のGBだけが参加できます。隊によっては、初級のGBも存在することでしょう。しかし初級章の位置づけは「初心者として、ハイキングやキャンプで自分のことが自分でできるようになる。自分の得意、不足する部分を理解し、自分で挑戦できるものを理解する。」なのです。いくらGBであったとしても自分自身のことで精一杯の状態では、ここに参加することは叶いません。2級スカウトとしての知識・技能・体験・スカウト精神等が身についたところで、初めてこの「シルバーアックス」に参加できるだけのレベルに達した‥‥と認められるのです。



●ベンチャーのつどい→ベンチャーラリー

 これは平成28年(2016年)から、県内のベンチャースカウトを対象に実施しています。
 この取り組みは、ベンチャーのつどいで出たスカウト達のニーズの中から、県連の規模で実施した方が効果があるものについて選び、それぞれの地区のとりまとめ役としての幹事を選んで委員会を設け、その委員会によって、「ベンチャーラリー」という枠組みの中でのそのプログラムを煮詰めて、実施して行くものです。